名刺デザインというのはそう、情報の宝庫


名刺デザインは情報なので…文字サイズだとか考える

‘名刺デザイン’というのはそう、情報の宝庫なのでありますよ。よって自分もそこにこだわっていますが…それ以前に文字サイズだとか考える!
シンプルが良いとか〜おしゃれなイメージで〜 名刺の作成では最初にデザインを選ぶ。 情報はいろいろありますが自分が見るのは文字です、やはり・・・
詳しく見てみましょう!! 

年配の方(目の悪い方)もみることを想定した場合には〜文字サイズは6ポイントは欲しいところか。
中には電話番号などが10ポイントほどもある名刺のデザインもあるようだが、文字サイズは大きいといいということでもないのです。
氏名(若しくは会社名)あたりが最初に人の目に飛び込んでくるべきです。 イメージはいろいろあると思いますが、、おしゃれなデザインにこだわりすぎては駄目です。

名刺デザインというのはそう、情報の宝庫なので……相手が最初に見る文字サイズを考えることが必要になってきます。
その次に、名刺には付加的な情報もあるので、通常のサイズ(91mm×55mm)内でデザイン全体のバランスを取るには、電話番号などが大きすぎると最も重要なはずの氏名(若しくは会社名)などが目立たなくなり沈んでしまう。(それもありですけど^^)
そして書体によって大きさが多少前後するため(ゴシックは6〜6.5pt、明朝体は6.5〜6.8pt、楷書体・隷書体は字間を詰めて7pt〜8ptほど)あくまでも目安だが、氏名(若しくは会社名)を中心にして全体のバランスを考慮しなければならない。


通常のサイズということで、名刺デザインの全体を考えると、`12ポイント'あれば情報の中でも文字が十分目立つでしょう。(deal-d見解)
海外だと8ポイント程度の文字の名刺もよくあるのだが、自分は文字サイズは大きめがいいと思います! ある程度目立った方がビジネスで使用する場合にも機能性があるだろう。
このように、さまざまな重要事項があるのですよ・・・
名刺のデザインというのは情報なので… 自分は見せるために作る♪
Tee-watの閃き〜と題して執筆者によるデザインの再考などをさせていただく。そういうサイトです。 あと、おしゃれな‘名刺デザイン集’もぜひご覧ください!


たくさんのイメージがあります。綺麗でない部分もありますが名刺デザインの情報などを中心とした、相互リンク募集ですよ。こんな感じでいかがでしょうか?



サイトの内容と話は違いますが、、何かを作成するときはデザイン重視になっています今日この頃。。